ResearchNews[リサーチニュース]
2021年04月20日(火)

ResearchNews[リサーチニュース]

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル
プレスリリース
トップ » プレスリリース » RUNLIFE

【運動量の可視化】ランナー・ウォーカーのつながりの輪を広めるためのサービスを始めたい。『個人、チーム内、会社内の意欲向上・健康増進のために!』クラファンに挑戦!
2021年3月9日 RUNLIFE
Yahoo!ブックマーク  livedoorClip Choix iza Flog del.icio.us  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

だれでも気軽に行えるランニング・ウォーキングを通じて、多くの人々と「であい」「つながり」「ふれあう」ことを目的としています。運動量の可視化による意欲の向上と健康寿命の延伸の一助となればと思います。そのための運営資金をCAMPFIREにて集めることにしました。【3月15日(月)7:00〜開始】

ランナーがもっと『ふれあい』『つながれる』ウェブサービスを作りたい!

このコロナ禍でマラソン大会がほとんどなくなってしまっています。 その影響によりランナーやウォーカーの繋がりが極端に少なくなってしまっている現状を変えるために、オンライン上で繋がり合えるプラットフォームを作れないかと考えました。
その活動資金を集めるべくクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」の挑戦を決意しました。
CAMPFIREプロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/391489/preview?token=2e5b1478


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfVUVNTEpCU3lzTy5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfaEhyRXBaVEJBci5wbmc.png ]
体育施設で働いていると、このコロナ禍でスポーツに対しての「モチベーションが落ちてしまった」「運動をする機会が減った」という意見を多く聞きました。
ではなぜモチベーションが落ちてしまうのでしょうか。
それは「人と触れ合う機会が減ってしまったから」 ではないかと自分は考えました。
このプロジェクトでは、ランナーやウォーカーが気軽に繋がり合えるコミュニティになればと考えています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfZmx6TUZJbGtTbC5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfSmZreHBCcXhWci5KUEc.JPG ]

RUNLIFE.RC(ランライフランニングクラブ)というクラブの代表をしております、山下優嘉といいます。
中学から陸上を始めてから本当に人の縁に恵まれており、箱根駅伝強豪校の「東洋大学」に進学しました。
これまで「世界大会に出場」 した実績や、「日本記録の樹立」 など貴重な経験をすることができました。
その経験を生かすことはできないかと考え、スポーツ事業 + ヘルスケア事業にて起業することを決めました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfU2hQdXRHRnFPVi5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfQVZyeFBSV2F5Uy5wbmc.png ]
1.走行距離・歩数の可視化

【個人】
利用者の全体の順位を把握したり、世代や年代別の運動量が可視化されることで、「このアカウントの人はこのくらい走っているんだ!」と誰でもみることができます。(非表示可)
また気になるランナーがいればアカウントから紐付けされているSNSから繋がり合うことができます。

【団体】
「団体(チーム)登録」を活用すれば、チーム や職場内 でランキングを争うことができます。
チーム内での競争 があることによって、チーム内で交流をするネタになったり、モチベーションを上げることができます。
また職場内で登録するだけで社員同士で運動・活動の状況を把握 することができ、社内の運動不足を解消するだけでなく、メンタルヘルスの改善等にも役立ちます。
※団体利用の場合はリストを登録する際にサブスクリプション登録が必要となります。

2.ポイント化とアイテム交換

携帯やランニングウォッチなどで計測された(ヘルスケア)をもとに距離・歩数をデータをポイント化してユーザーに付与されます。
ポイント交換では、ヘルスケアに関わる商品やスポーツ用品を企画しています。

3.その他(今後の実装予定)

◆ランニングやウォーキングの記録などをまとめておけるカレンダー
 ⇨『ランニング』『ウォーキング』『トレイル』『サイクリング』『スイム』といった分類ごとの集計機能
◆日誌機能
 ⇨トレーニング内容の詳しい掲載や、感想をメモしておけるしておける機能
◆団体(チーム)戦
 ⇨会社やチームごとに走行距離や歩行距離の対決(企画・景品の有無)


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfTXRncnJBVnBWVi5wbmc.png ]
本プロジェクト(アプリ制作・運営)に伴い、法人様にはサポート又は協賛のお願いをさせていただきたいと考えております。

健康経営のために会社でアプリケーションを使用していただくことで、社員の健康管理やメンタルヘルスケアが行うことができ、会社全体の生産性の向上と労災の予防にも繋がります。  
また、このサービスは「健康志向の高い方」や「健康に興味がある方」が対象となってくると思われます。
対象となる層への商品紹介などの広報活動は効率よくできる かと思います。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfZ2x6dHpHZVhIUy5qcGVn.jpeg ]
【本プロジェクト協賛特典】
プロジェクト期間内にご協力ただいた団体につきまして、本クラブで運営するサービスにて「ご協賛」という形でご紹介をさせていただきます。
スポンサー会社の方々には「協賛してよかった」「サポートしてよかった」と思っていただけるよう、精一杯頑張ります。

サポート企業・協賛団体のお問い合わせはこちらのメールアドレスまたは携帯にお願いします。
お問い合わせ
MAIL:runlife.info@gmail.com
TEL :090-6175-0787


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTg0OCMyNjU5MTIjNzE4NDhfc29wanJxcUR1cC5wbmc.png ]
開始日時 【3月15日(月)7:00〜】
目標金額 800,000円(開発費、手数料) ※iPhoneのみ
※アンドロイドユーザー向けにも必ず開発させていただきたいと思います
 →資金の都合上、アプリを開発するのにiOSとAndroidで2つ分の料金が基本かかるため、時期が前後してしまいます。

今後のスケジュールについてや、詳しい内容に関してはCAMPFIREプロジェクトをご参照ください。
⬇︎⬇︎⬇︎
https://camp-fire.jp/projects/391489/preview?token=2e5b1478

【本プロジェクトはAll-or-Nothing 方式で実施】

全力で本プロジェクトの広報活動を行い、それでも目標金額に満たない場合は、全額返金対応とさせていただきます。
※全額返金となった場合、アプリ制作の中断とし、リターンの送付は出来かねますのでご理解ください。

【最後に】

本企画を成功させて、ランニングを通じて人のつながりの輪を広げていければと思います。
そして、生涯健康にスポーツを楽しんでいけるような環境づくりを作っていければいいなと考えております。
皆様の心のこもった応援、お待ちしております。共有・拡散のご協力、よろしくお願いいたします。

CAMPFIREプロジェクトページ:https://camp-fire.jp/projects/391489/preview?token=2e5b1478





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

リサーチ新着30件