ResearchNews[リサーチニュース]
2021年05月16日(日)
 ResearchNews[リサーチニュース]

若年層は「パン」より「ごはん」~朝食に関する調査から

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

若年層は「パン」より「ごはん」~朝食に関する調査から

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査結果
株式会社クロス・マーケティングは、全国の社会人と学生を対象に、「朝食に関する調査」を実施した。

調査手法は、インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)、調査対象は、全国の社会人と学生の15歳から69歳までの男女。調査期間は、2010年7月30日~8月2日、有効回答数は、2,400サンプルとなっている。

調査結果によると、「仕事/学校のある日」は、「必ず食べる(60.3%)」となり、「休日」の場合は、「必ず食べる(46.1%)」となった。

また、年代別にみると、「15~29歳/学生」は、(土)「パン類(40.8%)」、「米類(白米や玄米などお米そのもの)(42.1%)」。(月)「パン類(36.6%)」、「米類(白米や玄米などお米そのもの)(46.6%)」となり、若い年代で「ごはん」が多く食べられる意外な結果となった。

さらに、「朝食を摂取するメリット」の問いには、「活発に活動できる(78.9%)」、「集中力がでる(39.0%)」、「眠気が覚める(26.5%)」となっており、逆に、「朝食を摂取しない理由」の問いには、「時間がないから(43.9%)」、「昔から食べる習慣がなかった(41.2%)」、「朝の気分が悪く、食べる気にならない」との結果となった。

食事の後に待つ活動を考えるのであれば、朝食は食べておくべきと思われる。逆に、夜は控えめでもよいのかもしれない。効率よく体内のエネルギーを循環させることこそ、社会生活を営む大前提なのであろう。

外部リンク

株式会社クロス・マーケティング
リリース
詳細ページ

Amazon.co.jp : 調査結果 に関連する商品
  • 夏を乗り切る暑さ対策商品ランキング 注目の急上昇キーワードは?(7月19日)
  • 女性に聞いた貴金属ジュエリーを使わなくなった理由第1位(7月14日)
  • マクロミル、「MROC」サービスを日本と中国で提供開始 - 消費者の「本音」を引き出せるか (7月6日)
  • 第1志望でない会社「勤め続けたい」17% - 「入社3年の離職危機」調査から (7月6日)
  • Facebookプロフィール写真に自分の写真を使っている人は37%(6月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件