ResearchNews[リサーチニュース]
2021年05月19日(水)

ResearchNews[リサーチニュース]

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル
プレスリリース
トップ » プレスリリース » Japan-Laos Creative Partners

日本ラオス外交関係樹立60周年記念事業:ボンバレボーン/栗コーダーカルテットがやってくるLive in 八王子 開催のお知らせ
2021年3月8日 Japan-Laos Creative Partners
Yahoo!ブックマーク  livedoorClip Choix iza Flog del.icio.us  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

今般、ジャパンーラオス・クリエイティブパートナーズ(代表:森卓)は、日本ラオス外交関係樹立65周年記念事業(外務省認定)として、結成25周年を迎える栗コーダーカルテットのライブ(昼夜二部制)、同バンドが音楽担当した日ラオス合作映画『サーイ・ナームライ(邦題:ラオス 竜の奇跡)』上映、ラオス料理や雑貨などの市(マーケット)を合わせたイベント「ボンバレボーン」を、八王子の寺院「禅東院」境内にて、3月28日(日)に開催致します。イベントコンセプトは(架空の)小さな村祭りです。心の通じあう、ほどよい空間と、人々の繋がりを大切に。2021年3月、みなさんの気持ちが、ほっこりと、晴れやかになるよう願いを込めて。10時半〜20時(19時LO)まで。入場無料(ライブ、上映会は有料)。コロナ感染予防対策も実施します。

メディア関係各位

今般、ジャパンーラオス・クリエイティブパートナーズ(代表:森卓)は、日本ラオス外交関係樹立65周年記念事業(外務省認定)として、結成25周年を迎える栗コーダーカルテットのライブ(昼夜二部制)、同バンドが音楽担当した日ラオス合作映画『サーイ・ナームライ(邦題:ラオス 竜の奇跡)』上映、ラオス料理や雑貨などの市(マーケット)を合わせたイベント「ボンバレボーン」を、八王子の寺院「禅東院」境内にて、3月28日(日)に開催致します。イベントコンセプトは(架空の)小さな村祭りです。心の通じあう、ほどよい空間と、人々の繋がりを大切に。2021年3月、みなさんの気持ちが、ほっこりと、晴れやかになるよう願いを込めて。開場時間は10時半〜20時(19時LO)まで。入場無料(ライブ、上映会は有料)。コロナ感染予防対策も実施します。同イベントを記事としてお取り扱いを頂きたく、お願いを申し上げます。

========
開催概要
イベントタイトル  :ボンバレボーン / 栗コーダーカルテットがやってくる Live in 八王子
開催日時                :2021年3月28日(日) OPEN 10:30 / CLOSE 20:00 / LO 19:00
会場                      :禅東院(東京都八王子市本町17−19)
主催                       :Japan – Laos Creative Partners
認定                       :日本ラオス外交関係樹立65周年事業(外務省)
入場                       :無料 (ライブ、上映会は有料)
来場者見込み           :500〜800人想定(ライブ各回50人、映画25人、ほかマーケット来場)
アクセス                 :JR八王子駅から徒歩10分、京王バス八日町1丁目から徒歩2分
 
感染症対策
イベント参加者に対して、来場前の協力事項として参加自粛を求める条件をSNSにて事前告知する。協力要請事項として来場前の検温、マスクの着用もしくは咳エチケットを必須、来場時の手指消毒を行う。有料演目の客席数の半減。会場内の混雑を避け、状況により入場制限を実施する場合もあります。

公式フェイスブック検索「ボンバレボーン」

====
イベント・タイトル & コンセプト
「ボンバレボーン」

ライブ・タイトル
「栗コーダーカルテットがやってくる Live in 八王子」

☆コンセプト
会場は八王子のお寺さん。「ボンバレボーン」は、そこで開催する(架空の)小さな村祭りです。心の通じあう、ほどよい空間と、人々の繋がりを大切に。2021年3月、みんなの気持ちが、ほっこりと、晴れやかになりますように。

☆由来
ボン・・・梵、盆、本、凡。フランス語で「bon=よい、美味しい」
バレ・・・晴れ
ボーン・・・ラオス語で「場所」

お寺の梵、受け皿の盆、書籍の本、普通の凡。フランス語でも意味を持つ「bon」という音を基点に、文化・習慣・言語、異なる背景をもつ、すべての人々の気持ちが晴れやかになる場所、という意味を込めて。ことばのリズムも大切にしました。

☆主催より
集うこと、表現すること、の大切さを噛み締めた2020年でした。それらの原点を「村祭り」に振り返ってみたいと思い、イベントを企画しました。
 
====
演目紹介1


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MjM5NiMyNjU5NzkjNTIzOTZfS3ZuRmZSR2FaTC5qcGc.jpg ]
(演者)
栗コーダーカルテット
 栗原正己:リコーダー、ピアニカ、アンデス他
 川口義之:リコーダー、パーカッション、サックス、ウクレレ他
 関島岳郎:リコーダー、テューバ、口琴他
+タバティ:ギター、ウクレレ、リコーダー

3人なのにカルテット! NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」や、通称「やる気のないダースベイダーのテーマ」などでもお馴染みのインストゥルメンタル・バンド。映画、テレビ、舞台、CMへの楽曲提供を含め、参加CDは100を超える。近年は国内外で多くの公演を行い、2015年から3年間にわたって「栗コーダー&フレンズ」として東南アジア5カ国との文化交流プロジェクトを展開。0歳からシルバー世代までが集うファミリーコンサートやロックフェスティバル、クラシックイベントなど多方面に出演し、あらゆる層から歓迎されている。最近の仕事としては、NHKみんなのうた「花さかニャンコ」(谷山浩子)の編曲・演奏、Eテレ「ららら♪クラシック」出演(2019年12月、2020年9月)、舞台「大地」(作・演出 三谷幸喜)の音楽担当などがある。2020年9月にアルバム「25周年ベスト」を発表。10月には渋谷公会堂にて25周年公演を行った。今回はビューティフルハミングバードのギタリスト、タバティを迎えて4人で演奏する。
====
演目紹介2

映画『サーイ・ナームライ(川の流れ)』
栗コーダーカルテットが音楽を担当した日本ラオス国交60周年記念作品で両国初の合作映画。邦題『ラオス 竜の奇跡』。栗コーダーカルテットの優しい音色が、ラオスの美しい自然、ゆるやかな時間の流れと共鳴し、心温かなラオスの小さな村へと誘う。『天国からのエール(阿部寛主演)』の熊沢誓人監督2作目。2016年、Japan-Laos Creative Partners 製作。2017年、日本劇場公開、全国ロードショーほか、タイ、ラオス、フィリピンの劇場や映画祭など30以上の地域で上映。八王子では初の公式上映となる。

<あらすじ>
1960年代を生きた、ちょっぴり頼りない日本男子と現代から迷い込んだラオス女子が、のんびりとした村で、ほのぼの家族と暮らすことに。都会に憧れて故郷を捨てたラオス人「ノイ」とダム作りを夢見てやってきた日本人「川井」。異文化な村に、少しずつ、なじんでいく二人。やがて川井を村から追いだそうという動きが。そして、ノイは・・・
====
☆当日スケジュール
10:30 オープン
           市 「souq(スーク)」と「Talat(タラート)」(10:30-19:00)
13:30-14:30 昼の部 栗コーダーカルテット ミニライブ(1時間)
15:00-17:00 映画 『サーイ・ナームライ』(2時間)
17:30-19:30 夜の部 栗コーダーカルテット ライブ(休憩挿み 2時間)

20:00 クローズ

☆前売チケット料金 (当日券は各+500円)
昼の部   (こどもといっしょに)1時間ミニライブ
大人 2800円
こども1000円(中学生以下、親同伴)
(乳幼児は膝上可。お席が必要なお子さんは1名分となります)

夜の部   (大人向け)2時間ライブ(休憩挿み)
大人 3800円
高校生以下 2000円(未就学児の入場はご遠慮ください)

映画『サーイ・ナームライ』 ※当日券のみ
大人 1000円
小学生以下、無料(親同伴)

チケット販売サイト:https://kuri-live-hachioji.peatix.com/

ライブ会場はゴザの上、映画会場は畳の上に座って頂きます。クッションや、寒さが気になる方は掛け布などの持参をお奨めします(会場ではご用意できませんのでご了承下さい)。
 
====


ボンバレボーンには、二つの「市」が立ちます。入場無料。

<八王子を中心とした地域出店者の市>
souq (スーク)
高尾で活動している3人の作家で開催している月一マーケット。souqはアラビア語で市場を意味し、語源は、送る、運ぶ、手渡す。みんなのそんな場を作れたら、という想いでやっています。

<ゲスト出店者の市>
Talat (タラート)
今回は、ゲスト出店として、鎌倉や都心で活動する飲食、雑貨、書籍など、個性的な出店者にお声がけ、八王子に集って頂きます。「タラート」はラオス語で市の意味。

フェイスブックページ:  https://fb.me/e/3vDluUvDg


お問い合わせ

ライブチケット販売
オンライン販売は、PEATIXにて3月8日17時より下記サイトにて発売開始。
https://kuri-live-hachioji.peatix.com/

イベントに関するお問い合わせ(総合窓口)
メール: ikkyu.laos@gmail.com


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

リサーチ新着30件