ResearchNews[リサーチニュース]
2021年03月08日(月)
 ResearchNews[リサーチニュース]

将来をちゃんと考えているイマドキの中学生、「大オトナ展」がお勧め

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

将来をちゃんと考えているイマドキの中学生、「大オトナ展」がお勧め

このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の中学生は、将来に不安など感じていただろうか。いや、毎日の部活や好きな人のことなどで忙しかったが、不安ではなかった。そして、将来に対して、たとえば「先生になりたい」といった漠然とした夢を持っていたように思う。しかしイマドキの中学生は違う。ソニー生命保険株式会社が現役中学生男女300人に「将来に関する意識調査」を行い、その結果を発表した。
大大人展

調査結果
10年後の将来について不安に思うかという質問に対しては、「とても不安に感じる」が16.7%、「不安に感じる」が52.7%と合わせて69.4%が不安だと答えた。収束しない原発事故や、世界的な不況の波、安定しない国内政権など、不安材料に満ち満ちている世相を反映したものと思われる。

また、自分の10年後の将来について具体的に考えているかという問いには、「具体的に考えている」が7.3%、「具体的ではないが、考えたことがある」が70.3%と合わせて77.6%が考えたことがあることが分かった。不安を感じながらも、中学生たちはしっかり将来のことを考えようとしているようだ。

では、イマドキの中学生は、今の大人をどう思っているのだろうか。中学生から見た大人は、大変そうで、疲れていて、楽しくなさそうで、厳しくて、半分は暗いとなっているが、67.4%が大人を尊敬できると答えた。おそらく、近くにいる両親などの大人を観察し、内面を敏感に感じているのだろう。

そんな大人に自分がなった時、中学生は何を最もやりたいのか聞いてみると、「仕事をする」がダントツで34.1%、「結婚」が16.8%と続いた。この結果から、中学生たちは、非常に現実的な考えを持っているのが判明した。

このようにイマドキの中学生は、社会や大人の様子をよく把握し、将来に不安を持ちながらも現実的なビジョンを持ち始めている。しかし、近しい大人だけを見て、狭い視野での考えに収まっている恐れもある。

ソニー生命では、中学生向けWebコンテンツ「大オトナ展」をHP内に設け、輝いている大人を紹介。彼らが広い視野から将来を考えられるような展示を行っている。中学生たちは、もっと自由な大人像をここから発見できるかもしれない。

外部リンク

ソニー生命保険株式会社
大オトナ展

Amazon.co.jp : 大大人展 に関連する商品
  • 一人暮らしのビジネスパーソンの夕食の実態は?(7月9日)
  • 世界の海のプラスチック化が進む(6月28日)
  • 海外旅行 人気ナンバーワンはロンドン 東京の2位には悲哀(6月24日)
  • タブレット市場は変化の兆し?─定期調査「モバイル機器」(4)(6月22日)
  • 入学・就職祝いは現金がベター?(6月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件