ResearchNews[リサーチニュース]
2019年11月22日(金)
 ResearchNews[リサーチニュース]

4割強が「すでに消滅」~会社更生法を申請した上場138社の追跡調査から

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

4割強が「すでに消滅」~会社更生法を申請した上場138社の追跡調査から

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査結果
株式会社帝国データバンクでは、集計可能な1962年以降に会社更生法を申請した上場会社138社を対象に、申請後の状況、二次破綻状況、更生計画分類、再上場状況などを調査・分析した結果を発表した。

なお、「会社更生法」に関する動向調査は、2010年2月に続き5回目となる。

調査結果によると、138社の現況については、現在もなお「存続」している企業が73社(52.9%)と、全体の半数以上を占めた一方、すでに「消滅」している企業は、59社(42.8%)にのぼる結果となった。

また、再建途中で「二次破綻」した企業は、31社(22.5%)と全体の2割に及んでいる。

さらに、138社の更生計画をみると、「スポンサー型」が、59社(42.8%)で、「自主再建型」が、48社(34.8%)となっており、後に「再上場」した企業は、9社(6.5%)で、再上場までの最短期間は、6年10ヵ月とのこと。

「会社更生」とは、会社の再建手続きの一種で、企業の事業を継続しながら、再建を図る法的手続きのこと。

半数以上の企業が踏ん張っている現状は、企業の社会的役割として考える上で、経営者がその意義を理解しているわけで、雇用の確保の観点からも大切なことなのだろう。

外部リンク

株式会社帝国データバンク
リリース

Amazon.co.jp : 調査結果 に関連する商品
  • 東京商工リサーチ、希望・早期退職者募集状況の調査結果を発表(1月23日)
  • マクロミル、「MROC」サービスを日本と中国で提供開始 - 消費者の「本音」を引き出せるか (7月6日)
  • 第1志望でない会社「勤め続けたい」17% - 「入社3年の離職危機」調査から (7月6日)
  • 「防災準備していない」69% - シマンテック、中小企業の「災害対策」調査から (6月20日)
  • 「損保」がトップ!2012年「コールセンター満足度」調査から (6月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件