ResearchNews[リサーチニュース]
2019年11月22日(金)
 ResearchNews[リサーチニュース]

ネットマイル、「飲酒・喫煙習慣」について日中比較調査を実施

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

ネットマイル、「飲酒・喫煙習慣」について日中比較調査を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ネットマイルは、「飲酒・喫煙習慣」について日中比較調査を行った。その結果、日中間での微妙な違いが浮き彫りになった。
飲酒

調査概要
調査の対象は、日本では、共通ポイントプログラム「ネットマイル」の男女会員各250名。中国では、「92dp.com」の男女会員各250名。どちらも年代は20代40%、30代40%、40代以上20%。調査期間は、日本が6月10日~12日、中国が6月10日~13日だった。

1ヶ月に1回以上アルコール飲料を飲む人は、日本人が61.2%で、中国人が76.4%だった。中国人の方が日本人より飲酒習慣があり、また日中ともに男性の方が女性よりその傾向が強い事が分かった。

次に、飲酒の頻度を調べると、日中ともに男性の方が女性より飲酒頻度が高く、40代以上が他の年代より飲酒頻度が高かった。特に中国の40代以上はその傾向が強く見られた。

飲酒する場合は、日本では個人的にくつろいでいる時に飲んでいる事が多く、中国では、友人や家族、仕事帰りといったように、誰かと歓談しながら飲んでいる様子がうかがえた。

1番人気のお酒は、日中ともに「ビール」。共通してワインも人気があったが、その他では、日本人は「梅酒」「カクテル」といった甘めのお酒を好み、中国人は一般的なお酒「白酒」を好む傾向にあった。

一方、喫煙率は、日本が19.6%、中国が28.8%と、中国の方が高かった。しかし、1日の喫煙本数は、日本では「11本以上20本以下」が47.0%と一番高く、中国では「5本以下」が49.2%を占めた。こうして、中国での喫煙率は日本より高いものの、1日の本数はかなり少ないことが分かった。

日中での調査結果には、かけ離れた違いはないが、個人的な行動を好む日本と、いまだに人間関係を重んじる中国との違いが印象的である。

外部リンク

株式会社ネットマイル
92dp.com


Amazon.co.jp : 飲酒 に関連する商品
  • 2013年の経済予測~アンケート調査結果(1月5日)
  • 一人暮らしのビジネスパーソンの夕食の実態は?(7月9日)
  • マクロミル、「MROC」サービスを日本と中国で提供開始 - 消費者の「本音」を引き出せるか (7月6日)
  • 第1志望でない会社「勤め続けたい」17% - 「入社3年の離職危機」調査から (7月6日)
  • 世界の海のプラスチック化が進む(6月28日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件