ResearchNews[リサーチニュース]
2019年12月08日(日)
 ResearchNews[リサーチニュース]

一人暮らしのビジネスパーソンの夕食の実態は?

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

一人暮らしのビジネスパーソンの夕食の実態は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
他のビジネスパースンが普段、どんな食生活をしているか、気になるところである。株式会社クロス・マーケティングが「一人暮らしのビジネスパーソンの夕食」に関する調査結果を発表した。
一人暮らし

調査概要
調査対象は、首都圏に住んでいる20歳~39歳の、未婚で一人暮らしでフルタイム勤務のビジネスパースン男女800人。近年、経済不況もあって、手軽で低コストの食事への関心が高まっている。忙しいビジネスパースンは、平日の夕食をどのようにとっているのだろうか。

平日の夕食については、男性では、外食と中食を合わせた「できあい派」が50.8%、女性では、内食である「自炊派」が59.3%と主流を占める。やはり、料理への抵抗が女性の方が少ないからだろうか。

また、1回の外食にかけるお金は、女性が1,704円、男性が1,056円と女性の方が高い。これは、女性の方は1人で外食することが比較的少なく、誰かと一緒に居酒屋やファミリーレストランで好きなものを食べることが多いのに対し、男性は1人で「牛丼屋」や「ラーメン屋」など、低価格で手軽な店で食べることが多いせいである。ビジネスウーマンの方が、コミュニケーション上手なのかもしれない。

さらに、中食となると1回の費用は平均573円。利用するお店はスーパー、コンビニが多い。デパ地下は、女性の利用の方が男性の利用よりずっと多い。ここでも、女性の方が食べ物に贅沢をしているかのように見える。

こうしてみると、一人暮らしのビジネスウーマンは、内食で費用を押さえつつ、時々友達と外食を楽しみ、美味しい中食をデパ地下などで調達し、うまくやりくりしているようだ。その点、ビジネスマンの方は、不器用に一人で外食や、できあいのものを買ってくるが、今いち生活をエンジョイしていない。

しかし、今後は「弁当男子」も増えて、もう少し、外食や中食に工夫をするビジネスマンも増えてくるかもしれない。次回の調査結果が待たれる。

外部リンク

株式会社クロス・マーケティング


Amazon.co.jp : 一人暮らし に関連する商品
  • 世界の海のプラスチック化が進む(6月28日)
  • タブレット市場は変化の兆し?─定期調査「モバイル機器」(4)(6月22日)
  • 入学・就職祝いは現金がベター?(6月18日)
  • SNSは広く浅い人間関係のため?(6月12日)
  • スマホはらくらくできるのか?非利用者の懸念(6月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件