ResearchNews[リサーチニュース]
2024年05月18日(土)
 ResearchNews[リサーチニュース]

2010年の映画興行収入ランキング、やはり3Dが強し

国内
Biz・金融
生活
フード
IT・デジもの
エンタメ
男vs女
グローバル

2010年の映画興行収入ランキング、やはり3Dが強し

このエントリーをはてなブックマークに追加
堂々トップはアバター
3D
27日、日本映画製作者連盟(映連)が2010年の全国映画概況を発表した。やはり映画館の魅力を存分に引き出す事の出来た新技術、3D作品が強いようだ。

概況によると、邦画と洋画を合わせた興行収入の総額は前年比7・1%増の約2207億円。映画離れが取りざたされている中で、意外にも過去最高を更新した形となる。興行収入トップはジェームズ・キャメロン監督『アバター』の156億円。続いてティム・バートン監督『アリス・イン・ワンダーランド』が118億円)、ディズニー映画『トイ・ストーリー3』が108億円。いずれも3D作品である。スタジオジブリの最新作『借りぐらしのアリエッティ』は92億5000万円。

また、入場者数は3・0%増の1743万人と、こちらも増加の数字を記録している。ただし一部事情通は「2011年度も3D技術を駆使した名作が続々と製作される予定だが、おそらく観客の興味は長続きしないだろう。3Dが強いのはせいぜい来年度まで。全感覚を刺激するような更なる新技術が開発されない限り、映画は静かに痩せ衰えていくだろう」と分析している。

Amazon.co.jp : 3D に関連する商品
  • 海外旅行 人気ナンバーワンはロンドン 東京の2位には悲哀(6月24日)
  • アメリカ移住の際には要チェック!ハンバーガーのおいしい都市ランキング(6月10日)
  • 世界の地下鉄トップ10、広州地下鉄が第1位(5月10日)
  • トリップアドバイザーが発表、世界の観光地ランキング(5月4日)
  • もっとも満足度が高いのは? 2012年自動車保険満足度ランキング(4月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    リサーチ新着30件